日別アーカイブ: 2014年1月29日

閾値走、ちょっとペースが速いかも

今日は水曜日恒例の閾値走。
ペース設定は4:35。

結果。

4:35-4:34-4:32-4:29-4:33
total:22:43、ave.4’32″/km

正直余裕はあまりありませんでしたが、比較的ラップが安定。
少しは速くなってきたのだろうか。

と、結果には満足していたのだが、
ダニエルさんのVDOTから走力分析してみると
閾値走でこのペースは速すぎるような。

ダニエルズの表(VDOT38-43)―代表的なレースのVDOT―
vdot38-43

10kmのベスト(横浜マラソン48:10)、ハーフのベスト(練習1:47ぐらい)から見ると
VDOTは41か42あたり。

今日の閾値走が5kmのベストならVDOT43で、ハーフまではだいたい
VDOTが横一直線でバランスがいい。

と、ここでよく考えてみると、閾値ペースはけしてベストペースではない。
あくまでマラソンペースよりは速いが、
・血中乳酸素濃度が急上昇する変換点
・1時間程度持続できる”快適なきつさ”
・HRMax88~92%
なのである。

ダニエルズの表(VDOT38-43)―VDOTを基にしたトレーニング強度―
vdot38-43_2

VDOT43でも閾値(T)ペースは4:49で、今日のペースが閾値(T)ペースならば
VDOTは46でその場合、5kmベストは21:25となってしまう。

いつもTT(タイムトライアル)のつもりで走っていないけど、
TTのつもりで走っても21:25で走れるかというと走れない気がする。
というか絶対ムリ(+o+)

ということで、ほとんどIペースで閾値走していることになります。

でも、ここ3ヶ月の閾値ペースをみるとVDOT43の閾値(T)ペース
である4:49に近いのも実は多い。
一方でちょっと調子よく10秒近く速いときもある。

11月21日 23:42 (4:44)
11月28日 23:01 (4:36)
12月12日 23:46 (4:45)
12月18日 22:49 (4:33)
12月25日 23:54 (4:46)
1月8日 23:42 (4:44)
1月15日 22:36 (4:31)
1月21日 22:50 (4:34)

設定ペースを明確にして、速く走れそうでもきっちり守る。
余裕が出てきてはじめて閾値ペースをあげるというのが正しい閾値走。

ダニエルさんにいわせると
一番の課題は、適正ペースを維持し、タイムトライアルにならないように
抑えて走ることであろう。適正ペースは、それよりも速い(あるいは遅い)
ペースと比べて練習効果が高い、ということを忘れてはならない
なのだ。

インターバルのようなきつさでもいけないと。

ダニエルさんの言葉をだしておいてなんですが、
こういうのはにわとりか卵かの問題で、
少しずつ閾値レベルをあげて、5kmからVDOTをあげていくのも
いいのではないかとおもっています。

速く走ってしまっていることの言い訳ですが、
得意な分野というかやりやすい分野からVDOTをあげていけばいいかなと。
Iペースでの閾値走で閾値もVO2MAXもあげる。
そういうのもありではないかと。

特にスピードはなかなか向上しないのは
この3ヶ月の結果を見てもよくわかります。

まあ、スタミナもなかなかつかないけど。

走力向上の道は険しいな。

今日の練習 14.67km (1:24:22、5’45″/km)
今日の体重 68.8kg
1月累計 291.13km

ランキングに参加しています。↓
これならインターバルやっているのも同然か
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村