日別アーカイブ: 2014年2月4日

空から雪が舞い降りて

今日は都内でも雪が降っていて、
今日のような雪を見るとついこの歌を思い出します。

『雪』by THC

そしてちょっとセンチメンタルな気分になります。

20代の頃、雪が大好きでした。

いまマラソンにはまっているように
当時はスノーボードにはまっていました。

シーズンがはじまると毎週雪山に行き、滑る。
だんだん、普通に滑るだけじゃなくて、
ジャンプしたり、オリンピックの種目にあるハーフパイプにはいったり。

さらにはまってシーズン中は仲間内でビデオを撮って
オフシーズンに編集したビデオの上映会やったり。

コソ練と称して一人で車や新幹線で雪山行くのはしょっちゅう。
一人泊り込みでも練習したり。寂しいな、オイ。
一人で行っているのに雪山で仲間に会ったり(笑)

ただ楽しくて、そして上手くなりたくて。

冬だけじゃなくて夏も室内の練習場やトランポリン(板はいて飛ぶ)、
補強のためにジムにもいったりしてた。

気付いたら年間100日以上スノーボードの上に乗っていた。

都内のサラリーマンとしては限界で、そんな中、
会社や学校やめて海外を含む山に篭りにいったりする仲間もいた。

プロになれるとかなりたいとか思っていたわけじゃないけど
それでもプロは遠い遠い存在だった。
ニッチな世界なので物品提供だけでもスポンサーがつけば一応プロなので、
元プロやプロの仲間もいたので、身近は身近だったけど、
技術的なものはセンスと才能が違いすぎた。
ちなみにオリンピックに出ている人達はちょっと変わった感じの人も
多いけど、正直才能はずば抜けていると思います。

仲間の中では少ないほうだったけど、、、怪我も多くて
慢性疲労による腰痛に加え、度重なるジャンプの着地衝撃による膝痛、
着地失敗時に左手を着く癖から左肩の腱が慢性炎症。
みんなじいさんになったらまとも歩けないよなー。
なんて言い合っていた。

雪はもちろん、雨でも吹雪でも高熱があっても滑っていたし、
友人は腕を骨折して腕を吊ったまま滑ったり、跳んだりしていた。
そんなhentaiな集団でした。

ある年のシーズン前、会社での異動になり、忙しくなったことを言い訳に
当時2ヶ月先まで埋まっていた雪山の予定を全てキャンセルして足を洗った。

ゼロかイチかではなく、月1回とかでも続ければとも思うのですが、
上手い下手はともあれ、同じくらい情熱をもち、同じくらいの時間
滑れないのであれば、今までの仲間と楽しく滑れないと思ったからです。

あれから数年たち、いつの間にか腰も肩も膝の痛みもなくなった。
そして当時は想像もしていなかったマラソンにいまははまっている。

10代の頃を青春とよぶならば、
スノーボードにのめりこんだ20代は第2の青春、
そしてマラソンにのめりこんでいる今は第3の青春。

吹雪く雪をみると雪山を思い出し、少し滑りたい気持ちがうずきます。

子供がもう少し大きくなったらまた雪山に行こう。

そんなことを考えながら今日はジョグしました。
当時よく滑りながら聞いていた音楽を聞きながら。

今日の練習 11.27km (59:41、5’18″/km)
今日の体重 67.3kg
2月累計 59.37km

ランキングに参加しています。↓
もう雪はやんでいたけどね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村