日別アーカイブ: 2014年11月20日

ジョグと流しと私

今日のタイトルを決めて思い出した。
人生ではじめてのコンサートは平松愛理でした。
たしか中学生か高校生なりたての頃か。
なんで平松愛理?
一緒に行ったのは残念ながら女子ではなくおっさん。
ま、おっさんといっても今がおっさんなだけで当時は14、5歳。
どっちかてーゆーと子供だ。

たぶん、私から行こうと誘った記憶はない。
CDだって持っていなかったし、ファンだった記憶もない。
こういうのは得てして記憶が変わっているから断言はできないけど。

で、そんな部屋とYシャツはどうでもいいんだが、
今日の練習メニューはつなぎジョグと流し。
アクアライン終わってからジョグ後にちょくちょく流しを取り入れている。

流しやる派とやらない派がいるならば私は後者だった。
特に理由はないけど。
ま、気分でたまにやってたけどせいぜい50mを2、3本程度。

じゃ、なぜやるようになったのか。
ちまちまと距離を踏んでもいまひとつなので刺激を入れたかった。
練習にもださださのフォームにも。
効果なんてすぐ出るものじゃないけどやるならやらねばと。

そんな中、先週の木曜日。
10km走、全然速くならないぜ、うじうじ。
みたいな記事を書いたら

キクチヒロシさんから

明日は気軽に200のインターバルを10本ぐらいやってみる。
ってのはどうでしょう。
きもちいですし、カラダの反応がガラッと変わってきたりするとかしないとか。

というタイムリーでありがたいコメントを頂いた。

コメントを見たのは既に明日で走り終わった後。
土曜はロング、日曜はぼっち練&壮があり少し伸び伸びに。

月曜によしやろうとするもガーミンの設定が上手くいかず、
結局、タイムも距離も測らず100mくらいの流しを10本で茶をにごす。

火、水もタイミングを逃して、ようやく今朝やってみた。
全然気軽じゃなかったw

キクチさんの名言「200mインターバルは流しである」という記事が記憶にあり改めて読み返す。
※詳細はリンク先

で、私も200mインターバルだけど目的は流しと一緒。
ジョグで縮こまった走りを大き目のフォームで気持ちよく走る。
あわよくばちょっと速いペース感覚も体に慣れさせる。

ガーミンの設定はしたけど、初めてだったのでペース設定はわからず。
なので、走っている最中も時計は見ず。
つなぎは往復の都合もあって200m。

48.6
44.9
41.4
40.6
40.2
39.0
38.2
40.0
38.1
36.8

最初の2本はちょっと感覚つかめず遅め。
3本目からほぼ一定。
1kmインターバルと違ってVo2Maxに刺激が入る感じではない。
しんどくなりそうなところで200mが終わる。
たいして速くないんだけど、
自分的にはいつものジョグより速いので疾走している感じできもちいい。

10本は体がきついというより、往復にちょっと飽きたりしてた。
でもタイムをみると5本じゃなくて10本っていうのがミソなのかも。
時計を見てなくても後半5本の方がわずか1秒程度だけどよく走れている。

今後の設定タイムは結果からみると40秒くらいがちょうどいい感じ。
少しがんばるタイムで38秒か。
つなぎは90~100秒くらいだった。

マラソン速くなるかはわかんないけど
きもちいいのでちょくちょくやろうと思ったのでした。

今日の練習 12.03km(1:14:09、6’09″/km)
今日の体重 67.0kg
11月累計 285.01km

ランキングに参加しています。↓
流しでよく言われる7~8割の疾走って結構難しい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村