日別アーカイブ: 2015年5月13日

オレの生存報告

イキテマース!

ゴブサタ、ボブサタ、ボブサップ

に触発されてブログ更新。

1週間ぶりの生存報告。

ってここ1か月ぐらいだとその更新頻度普通ですけど、みたいな。

村のランキングなんてゴンゴン下がって
1ページ目に順位なくて逆に居心地いいとか思っちゃったり。

逆もまた真なりってやつですか。

土日の練習はもう古いので、今朝走ったこと。

最近、もっぱら、サッコン、「ビルドアップに憧れて」なんで
今日も今日とてビルドアップに挑戦。

4km×3で5:15くらいからスタート。

4:58、5:16、5:14、4:57(5’06)
5:14、5:08、5:11、5:17(5’12)
5:00、5:01、5:02、5:00(5’00)

ビルドアップなってないしー。
前半ペースメイクにおっとっとしてたら全然ダメだった~。
次回のぼっち練ででっきるかなー?

この記事見てそういや村上春樹の著作たいていのものは読んでいたなと思いだした。
発売日に並んだりするようなハルキストとか村上主義者とかではないけど。

なので、ここ数日は仕事そっちのけでの息抜きに「村上さんのところ」を読んでいた。
今日までだったので全部読みたかったが残念ながら1/3も読めなかった。
意外と多かった。

色々な質問に対して村上春樹氏が答えているのだが、一気に通して読んでみると一つ一つは断片的にみえる回答がつながっていくようで面白かった。

たとえば、文章が上手くなりたいって質問の件。

文章の上手さは『基本的に持って生まれた才能で決まる。』と応えていたが、

別の質問者に対しては、

『ちょっと書いて「こりゃだめだ」と思って放り出していてはだめです。努力しなければ。文章というのは努力してうまくなるものです。最初からうまい人なんてまずいません。』

とも応えている。

才能で決まるとぶった切っておいて、
技術的な文章技術も重要といったり、努力が必要ともいっている。

全て真なりってところか。

こういうのは仕事や勉強やマラソンにも通じる。
そりゃ、何十年も生きていれば、技術や努力で埋まらないことがあるのもわかっている。
わかっちゃぁいるのだ。

走ることについて語るときに語ることも多かった。

質問はどうしたらサブ3、3.5、4取れますか?みたいなの。

氏のベストタイムが3.5付近というのは知っていた。
現在66歳、今は4時間台で走ることも難しいけど、毎年フルマラソンを走り続けて34回くらい完走しているとのこと。

上に続き、コピペとかダメなんだけど、いいなぁと思った回答。

『僕も四十代半ばまでは自己ベストを目指してがんばって走っていました。今はファン・ランです。というか、タイムがどんどん落ちていて、もう「fun」ですらないんですけど、それでも飽きずに走り続けています。タイムなんてどうでもいいじゃないですか。走るというのは裸の自分と向き合うことだし、その意味はタイムや順位とは関係なく、いつまでも(永遠にとは言いませんが)続いていくものです。』

今、自分がこういう心境かというとやっぱりまだまだタイムを縮めたい。
まあ、タイムという形もあるけど、できるならもう少し速く走りたい。
もう少しの具体的なのはおいていて。
体が重くてどたどたしている感じなのでシュッと走りたいのだ。

でも、走ることについてこんな風に考えられないので新鮮だった。

ランキングに参加しています。↓
なんだか今日もいろいろパクリんちょ。
でもって、久しぶりに「風の歌を聴け」を読みたくなった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村