本番アドレナリンはあるのか

今日は2週間後の横浜マラソンに向けて
10kmレースペースのイメージ作りのための10kmペース走。

ペース設定はは5’10″/km。
いつもの閾値走からすると気持ち遅めですが
撃沈するとレースペースのイメージが沸かないのでw

アップジョグ後、ペース走スタート。
最初の1kmが4:46。
抑え目に入ったつもりだったのに、どうやら今日は調子がいいらしい。
でも10kmはもたないので抑え目に抑え目に2km以降走る。
3~5kmはペースが一定。
後半5kmはやはりきつかった。

4:46-5:01-4:57-4:57-4:57
5:04-4:55-5:01-5:03-4:49
49:30(4’57″/km)

最後ちょっと頑張りすぎてかなり息が切れる。

ほぼTTに近いペース走となり、ここから本番のレースペースを考える。
正直、いまの走力ならば、このペースで走れたら十分じゃないか。

本番アドレナリンという言葉はたまーに聞きます。
火事場の馬鹿力みたいなものだと思われる。

しかし、大体私のこれまでの人生を振り返ると
勉強もスポーツも本番でミラクルを起こしたことはない。
どちらかというと普段通りの力が十分に出せることも少なかった。
おそらくマラソンもそうだろう。

マラソンにまぐれはないといった名言があるように
練習やもっている実力以上の力は出せないのではと思う。

もちろん練習で100%追い込むことなく、
あえて本番レースペースから落としたペース走で練習し、
本番では全力で走るというのは別です。

特に10kmやハーフくらいだと練習でぎりぎりまで追い込んで
なかったりすれば、本番で良い記録がでるのかもしれない。
特に走暦が短く、伸び代のある人はそれは顕著で、
走暦が長く、走りこんでいる人ほど練習や実力以上の結果が出ることはなく、
あとは本番への調整や当日の体調次第といった印象をうける。

だけどフルマラソンとなるとまぐれはなく、
実力以上のペースで突っ込むと撃沈してしまう。
アドレナリンも火事場の馬鹿力も効かない距離なのだ。

なーんて、マラソン大会走ったこともないど素人がうだうだと
風呂に入りながら考えていたわけですが、何が言いたかったというと
話が元に戻って、今日結構追い込んだので、今の自分には10kmの限界は㌔5km。

たとえ10kmでも2週間後の横浜マラソンで今日以上のペースで走れるのなら、
まだ十分に追い込めていないか、
2週間で走力があがったか、
疲労抜きや調整が上手くいったか、
のどれかだと思う。

マラソンにまぐれはない。
だから練習あるのみ。

今日の練習 12.03km (1:02:39、5’13″/km)
今日の体重 69.2kg
11月累計 192.05km

うだうだ言ってないで10kmなんて全力で走れ!
と思ったあなたも応援のポチをよろしくお願いします↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

本番アドレナリンはあるのか」への2件のフィードバック

  1. イケネコ

    あははっ(´∀`) うだうだ考えるのは一緒ですねww
    10kmの限界は㌔5分!?いやいや~
    この練習を見ていると、けいすさんは大会ではかなり出そうな気がします。
    まだまだ追い込める余地があるもの♪(ΦωΦ)フフフ…大会ではもっと苦しい山が待っている なんてww
    集団で走るメリットもありますし♪

  2. けいす 投稿作成者

    >イケネコさん
    うだうだ考えてしまいますよねww
    いやー、㌔5分で死にそうだったということが言いたかったのですが、
    結局、回りくどくて全然伝わらずw
    これ以上追い込んだら苦しくて走るの嫌になっちゃいますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>