千葉マリンマラソンレポ2-そして、撃沈へ-

今日から練習開始。
レースの悔しさからレースペースで走ろうかとおもったけど
さすがにスピード上げれそうになくジョグで。
しかも向かい風にビクッってなったww
トラウマかww

さて、そんな悔しいレースレポの続きです。

【11-15km】
前半10kmまでは想定通りのペースで走ることができ、
後半に向けて力を蓄え、折り返し地点を折り返す。

え?なにこれ。。
というくらいの強風、向かい風。
帽子を飛ばされて逆走している人までいる。←これは見てて大変そうでした。
風の影響なのか、前半の疲れなのか急に息苦しくて
途端に心肺がきつくなっていく。

普段のペース走でもきつくなってペースが落ちそうな時は
意識して脚の回転を上げるなどしてなんとか踏ん張れることが
あるのに全くペースが維持できなくなり、12kmのラップで
防衛ラインだと思っていた5:10を上回る。

ここまでペース維持がしんどいならここは一旦休憩して
心肺に余裕を持たせようと無理してペースを5分一桁に
もどそうとせず少し楽だと感じる自然体で走る。

稲毛海浜公園に入り、風も気にならなくなったのに、
ペースも落としたのにあまり楽にならない。

この時点でタイム目標は1週間前のペース走で出した1:47台を
上回ることができれば、上出来かなと考えていた。

(11-15kmのラップ)
5:03-5:11-5:13-5:19-5:18

【16-21km】
のどは渇いてなかったけど、飲めば調子があがるかなと
15km過ぎの給水を手に取る。
脚を止め気味にコップ半分くらい飲む。

公園を抜けてまた強風の洗礼をうける。
なんでこんなことになってしまったんだろうか。
ハーフの距離でこんなに苦しいことは練習でもなかった。
30km走よりしんどい。なのにタイムは落ちる一方。
前半は周りを抜く展開だったのに後半は抜かれていく一方。

ちょうど美浜大橋の上りにさしかかったところで、
後ろから高橋尚子さん率いる集団に追いつかれる。

『坂は上を見ないで、下をみて。坂の上をみるとアゴがあがりますよー』

みたいなことを話しながら集団で軽快に走っていた。

そうだ、ここについていこう。ここで踏ん張れ。

が、100mもついていけず。もはや全くスピードがだせず。
きゅ、Qちゃん。。。。

このとき脳裏をよぎったのは、
あ、安西先生。すみません。

安西先生?そう。

20140121

ごめん、もうむりー。

美浜大橋の坂の頂点からみる富士山はちょっと
かすみがかっていたけど絶景でした。

このあたりで、ガーミンは無常にも㌔6分と普段のジョグ並みの
ラップペースを告げていたのでした。

坂よりも風がきつかった印象です。
坂は上っている感覚も下っている感覚もあまりなかった。
あまりに風がきつくて笑ってしまったという方もいるそうですが、
私にはその余裕もなかったです。

㌔6分を叩き出して心が折れに折れまくってタイムはあきらめたけど、
完走はあきらめず、とにかくゴールしようと走る。
最後もペースをあげれず、ゴール。

(16-21kmのラップ)
5:24-5:21-5:42-6:02-5:57-5:38-1:33

Total:1:52:09

今回ガーミン計測では200m(約1分)のずれでした。

前半突っ込みすぎたとは思いたくない。
かといって風のせいにもしたくない。

たぶん調子がよくなかった。

あー、これだと現実に目を背けているみたいでもっと嫌。

前半突っ込み気味に加えて風があったからの撃沈だけど
それを含めてまだまだ力不足。

強風の坂の上で声をあげて笑える余裕が欲しい。

いあ、違うか。
決めたレースペースはもっともっと体に染込ませないといかんね。
そしたら風にも負けずにペース維持できたかも。
板橋まではそれを課題にがんばっていこう。

アフターは写真もたくさん撮ったし、まじめに(?)書くと長文に
なりそうですが、色々書いてはいけないこともありそうなので、
とりあえず、楽しかったとww

陣地の設営をしてくれたつくさん、
アフターの幹事をしてくれたむーみんさん、
ありがとうございました。

走られた皆様&アフターに参加された皆様、お疲れ様でした。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

今日の練習 15.02km (1:23:32、5’33″/km)
今日の体重 68.2kg
1月累計 201.81km

ランキングに参加しています。↓
希望を捨てちゃいかん。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

千葉マリンマラソンレポ2-そして、撃沈へ-」への6件のフィードバック

  1. つく

    先日はお疲れさまでした~
    寒さや暑さは同じ環境で走って慣れろ!と、よく言われますが・・・
    あの風はそうそう経験できるものではないと思います。
    つまり撃沈しても仕方ないってことで!
    ・・・まるで自分に言い聞かせてるみたいです(;゚Д゚)

  2. ゆう

    う〜ん、相当に過酷なコンディションだったのですね…(T_T)
    しかし、そこまで過酷な環境で走れた事は確実に次に繋がりますよ!
    私はまだ過酷なコンディションでレースを走った事がない「もやしっ子」ですwww

  3. けいす 投稿作成者

    >つくさん
    コメントありがとうございます。お疲れ様でした。
    つくさんのレース史上一番きつい風だったというくらいだから
    相当だったのですね。
    仕方ないとはいえ、それでも上手く走っている人を見ると、、、うーん(-_-;)

  4. けいす 投稿作成者

    >ゆうさん
    ありがとうございます。
    達成感や充実感はなかったですが、苦しかったので次に活きるかなと思います。
    あとは風のときは集団で風をよけながら走るとか勉強になりました。
    ゆうさんは猛暑の中も走っているからどんな環境でもいけるはず!

  5. イケネコ

    ゴールまでどれだけ大変だったか…なるほど。。。
    本当にお疲れ様でした。
    でもこれより辛いハーフはそうそう無いと思いますよ(´∀`)
    これを完走できたのは自信になるのでは!

  6. けいす 投稿作成者

    >イケネコさん
    どうも上手く走れなかったみたいで、ぶっちゃけ今まで走ったハーフの距離で
    一番しんどかったです。
    確かに今後どれだけしんどくてもこれよりきついハーフは
    なかなかないような気がします。
    とりあえず、自信消失気味ではありますがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>